• 法律事務所とは
  • 概要
  • 企業形態としての分類ー1
  • 企業形態としての分類ー2
  • 日本の弁護士法上の分類
  • 1.弁護士法人に属さない法律事務所
  • 2.弁護士法人
  • 3.外国法事務弁護士事務所
  • 4.外国法共同事業
  • 法律事務所における地位・役職ー1
  • 法律事務所における地位・役職ー2
  • 法律事務所における地位・役職ー3
  • 専門による分類

企業形態としての分類ー1

個人事業

1人の弁護士が経営する法人格のない法律事務所(雇用される弁護士がいる場合もあればいない場合もある。)は
非常に多く、法律事務所の数としても多い。

無限責任の組合

出資者たる弁護士が複数である場合には非常に多く見られる。 日本法では民法上の組合であり、英米法ではジェネラル・パートナーシップである。

有限責任の組合

英米法ではリミテッド・ライアビリティー・パートナーシップである。
英国や米国の法律事務所にはこの形態を採用するものが多い。
日本には、これに相当する企業形態として有限責任事業組合があるが、
現行法においては日本の法律事務所がこの形態を採用することは許されない。