• 法律事務所とは
  • 概要
  • 企業形態としての分類ー1
  • 企業形態としての分類ー2
  • 日本の弁護士法上の分類
  • 1.弁護士法人に属さない法律事務所
  • 2.弁護士法人
  • 3.外国法事務弁護士事務所
  • 4.外国法共同事業
  • 法律事務所における地位・役職ー1
  • 法律事務所における地位・役職ー2
  • 法律事務所における地位・役職ー3
  • 専門による分類

法律事務所における地位・役職ー1

ボス弁

ある弁護士を雇う(ただし契約類型は雇用とは限らない。以下同じ。)弁護士。
「ボス弁護士」の略。パートナーはこの一種であると言える。

イソ弁

ボス弁に雇われる弁護士。「居候弁護士」の略。アソシエイトはこの一種であると言える。

ノキ弁

法律事務所に間借りをし、指導を受けることはあるものの、あくまで別の個人企業として職務を行う弁護士。
したがって、法律事務所における地位・役職というわけではない。

パートナー

「組合員」の意。出資者としての地位を有する弁護士。
共同経営による法律事務所は通常は組合であることによるものであり、(弁護士法人の社員など)実際には組合でなくてもパートナーと呼ぶことが多い。
法律事務所の経営について決定権を有するが、大規模な法律事務所においては、特に重要なものを除き経営に関する判断が一部の複数の弁護士に委任され、
さらにその中から一部の弁護士に執行が委任されるなどする。