法律事務所とは?

法律事務所における地位・役職ー1

ボス弁

「ボス」である弁護士のことを指します。ある弁護士を雇用している弁護士ということになります。
「ボス弁護士」という表記の略になります。法律事務所の経営者や共同経営者のこと。
一般的には「所長」や「パートナー弁護士」といわれる。以下の「パートナー」もこの種に入る。

イソ弁

ボス弁に雇用されている弁護士の事です。「居候弁護士」の略ですが、一般的には「アソシエイト弁護士」という呼び方がなされます。
新人弁護士が法律事務所に就職すると「ジュニアアソシエイト」となります。イソ弁はボス弁が受任した仕事を手伝うところから弁護士経験がスタートするのです。

ノキ弁

法律事務所に間借りをし、指導を受けることはあるものの、あくまで別の個人や企業として職務を行う弁護士のことです。「軒先弁護士」の略となっています。
したがって、法律事務所における地位・役職というわけではありません。

パートナー

パートナー弁護士とは、その法律事務所の所長以外で、共同経営している弁護士のひとり、という意味です。
たいていは数十人、数百人と多くの弁護士が所属している大手法律事務所の共同経営者ということが多いです。